fc2ブログ

ウチの茶箪笥ですー。




コレ作ったのは、もう何年前でしょうか…。


とある方からドールズハウスに関するお礼のメールをわざわざ頂きまして、
「あ!茶箪笥作ったんだっけ…」と思い出して
棚の奥からゴソゴソと引っぱり出してきました。

使い古された感じを出したくて、ビギナーのクセに
あーでもない、こーでもないと塗ったり削ったり、また塗ったり。
キット自体の加工精度も中途半端でしたが、己の技量も中途半端でした(笑)
今見てもビミョーな出来映えです。


んー、、、思い出してきました〜。
オリジナルのままでは両引き戸がちゃんと開け閉め出来なかった事。
引き出しを仮組してみたら、部材が長すぎて飛び出してた事。

懐かしい限りです。


※コギー様
ちまちまと気長に、楽しみながら(←ココ大事!)進めていって下さいね。
好みの旅館になることを心からお祈りしています!!
スポンサーサイト



新カテゴリ登場ですっ!

新しい趣味を見つけました!


某N●K(ナゼ伏せ字?)で毎週月曜日に「趣味悠々」という番組が始まったのですが、今回は「樹脂粘土クラフト・てのひらで咲く小さな花」。粘土で作る花の講座です。
実は、母に薦めるつもりで第一回を録画してたんですけど、見てみると自分でも作りたくなりまして。(笑)
そして、番組を見た母も開口一番「ワタシもこれ作ってみたい!」と。予想通りに食いついてきました~。

 翌日、その講座本を買いに行き母にプレゼント。「早く作りたい」と急かすので、さらに翌日、車で15分程の大型手芸店に材料と道具を調達に行きました。

 実は、買物の時は必ずするクセがあるんです。それは、価格調査。
無駄なお金は極力使いたくないがめつい性格なので、近所にある手芸店と大型手芸店、ネットの3つで値段を調べ、それから買い出しに向かいました。やっぱり全国チェーン店のほうが断然リーズナブルです。ちょこっとした物なら近所でもイイんですけどね。

 今回使用したのは「樹脂粘土」。初めて触れる物でしたが、結構扱い易かったです。乾燥が早く、一度硬化を始めてしまうと水とかで戻す事が出来ないので作業スピードとの勝負です。

 なにぶん稚拙ではありますが、作品第一号を是非ご覧下さい~。

popis.jpg


 鮮やかな黄色のポピー(のつもり)です。う~ん、新種の花にも見えますが、そこは目をつぶって。。。
なかなか楽しかったです。まだ、葉も作ってないし、茎の彩色&毛付けも出来てないですが、一応お披露目してみました。開花、半開花、つぼみで1株なので、もう1対ぐらいオレンジ色で作りたいと思います。

 さて、次回製作予定は「スイトピー」と「かすみ草」あたりです。いや、時間がある時にちょこっとづつ進めてる状態なので、まだまだ先の話なんですけどね。

続きを読む»

やっと旅館の製作開始~

 やっと本体の製作にとりかかる事になりました。随分と無駄に月日が流れたような気がしますが、そんな事はお気になさらずに。毎号、しっかりと不良パーツのチェックは怠ってなかったので「さて、作るぞ!」って時に嫌~な思いはせずに済みます。
・・・いや、そうなるハズでした。

 今回は1~3号の部品を使っての玄関の屋根枠作りです。まず、写真をご覧下さい。
hafu_1s.jpg


これは唐破風が乗る屋根枠の一番手前に使用される「破風板」の部品で、立体感を付けるために細い部材を板に貼付けるのですが、さっそくやってくれました、デアゴさん。

2つを重ねると上部のカーブが見事に合ってません。。。
さて、どうやって貼付けるものか悩みましたが、仕方ないので無理矢理、矯正しながらカーブに沿わせていく事にしました。むろん、細い材なので「ペキっ」と容易に折れます。慎重に貼付けていきました。

hafu_2s.jpg


ほら、奇麗に出来たァ! ちなみに、中心に見える懸魚(けぎょ)のパーツも合わなくて彫刻刀でゴリゴリと削りましたとさ。

karigumis.jpg


ここまで仮組完了。他のパーツも8コは同じカタチであるはずなのに、それぞれに個性を持っていました。そんな個性は要らないんですけどー。その修正もなかなか手間取りました。削りまくりです。

 さて、仕上がった後で不具合が見つかると一気にやる気を無くしてしまう恐ろしい性格の私は、接着前に面倒でも仮組する事にしたのです。
 その判断は「正解」でした。。。

genins.jpg


正面から見た時に、手前の部材よりも奥の部材のほうが上に突き出ています。「これってもしや…」不安を覚えつつ、1号についてたレジン製のバカ重い唐破風を乗せてみました。

yanefuyus.jpg


・・・・あぁ・・・・瓦屋根が宙に浮いてるよ・・・・。

修正を余儀なくされたのは言うに及ばずでしょう。

このキット、まったくの初心者の手で上手く組み上がるのでしょうか。ちょっとギモンです。いや、私もドールハウスは初心者ですが、木工は嫌いじゃありませんので不具合箇所は何とか誤摩化す事を考えるのですけどねぇ。

今日はこれでギブアップっぷ。修正作業はまた日を改めてという事で。

双子座宮・Gemini

geminis.jpg


 ちょっと不気味系のフィギュアが登場です。この雰囲気の好き嫌いはパッチリと別れるでしょう。
 これは3月中旬にやのまんから発売になった「デモンズクロニクル6 THE ZODIAC」より「双子宮/ディデュモイ」です。

  このシリーズは、造形に独自の解釈がなされていて、なかなかの秀逸です。前回は「エジプト神」をテーマに、その前は「西遊記」がテーマになっています。
そして今回は「ZODIAC」黄道十二宮。・・・何を隠そう、占い大好きっ子な私には外ないアイテム!・・・なのですが、あいにく金欠の為に購入は断念。そして残念。

 でも…でも、どうしても欲しいので、12コ中最も不気味で異彩を放っていたコイツをヤフオクでゲットしました。大きさ約6cm、台座部分を含めると9cm程なんですが、パーツが細々して組立てに難儀しました。しかも毎回ですが、組立て説明書なんてありません。

「中のミニブックレット(ってただの小さい紙切れ)かパッケージの写真を見て組立ててね♪」って事なんでしょうか。。。

 是非、このフィギュアはアップで見て頂きましょう! 画像をクリックするとドデカイ画像が開くように気配りをしていますので。

 ギリシャ神話については、下をクリック~。

続きを読む»

進捗状況(覚え書き)

 えっと、今日は画像の無いシンプルで行きます。

先日、見本として塗り始めた「柿渋」のその後ですが、2度塗りを終えた物を1日放置して、さらにもう1度塗ってみました。
まぁ、塗り重ねるごとに色は段階的に濃くなってるんですが、思った程にはなっていません。太陽に晒すとその色はどんどんと変化するらしいので、ひとまず10日程ひなたぼっこ状態にしようと思っています。

 しかーし。ちょっと気になる事が。
見本材にはシナベニヤを使ったので、その影響もあるのかもしれませんが、

見事に板が反りました。(泣)

 で、調べてみると柿渋には防水・防虫効果の他に「収斂(しゅうれん)作用」があるらしいのです。要はキュッと引き締まる効果って事でしょうか。
反った原因がそこにあるのかは不明ですが、今度は合板ではなく角材で試さなくては…。

 あ、今日、書店から無事に7号を引き取ってきましたが、何故か箱がボコボコ・・・。